就職は地元か都会か悩む就活生へ!どっちを選んでもあなたは正しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職は地元か都会か

就活の未来のakashioさんの記事が自分が就職活動に悩んでた内容に似てたので、自分の考えも合わせて紹介します。

地方出身の上京就活生に届けたい。忘れないで欲しい4つのアクション – 就活の未来

今の選択は永久ではない

就職してから
「やっぱり地方に戻りたい」
「東京でチャレンジしたい」

と思うのであれば多少採用における難易度は上がってしまうかもしれませんがいつでも逆の道を歩むことはできるのだと思います。

そうなんですよね。いつでもやり直せます。

自分も大学卒業後、東京に就職。元々地域活性化に興味があり、地域活性化にはwebの知識が必要と思い、ITベンチャー企業で営業職として働きました。

そして、今年の4月から地元九州に帰ってきました。自分の友達にも地元にUターンした人います。

自分が就職を東京にすると決めた時も、地元に帰るのはいつでも帰れるけど、東京に出る機会はこのタイミングしかないかなと思い上京を選択した記憶があります。

別にどの選択をするかは重要ではないと僕は思います。

僕の好きな言葉で、専門学校の入学式で言われた言葉ですが、

どの道を選ぶかではなく、選んだ道をどう生きるか

自分で選んだ道ならそれは正しい選択です。

地元で働くことを選んだ人は、地元に貢献できる人材になれるし、家族と過ごせる時間も多いです。都会を選んだ人は、地元にはない職種であったり、スキルを学ぶことができます。

自分の選んだ道を正しい選択にできるかはその後の行動で決まります。この道を選んで良かったと思える人は、他の道を選んでいてもそう思える人なんです。

なので、自分が良いと思う道を選びましょう。その後、やっぱ都会に出たいと思ったら出たらいいし、帰りたいと思ったら帰りましょう。

ポエマーっぽくなりましたが、自分の人生なんで、

やりたいこと、やったらええねん。

The following two tabs change content below.

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsords Link