自分が最低のコンディションでも7~8割の力が出せるように。それが実力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プライドは他人に対してではなく自分に対して持て」下手くそでも今日できる限りをアウトプットする理由-ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

ヒビノケイコさんのとても人気の記事です。

自分が最低のコンディションの時でも、いつもの7~8割の力が出せるように。それが”実力”ってもんや!

この記事を読んでから、自分も毎日記事を書くようにしています。書くことによって自分の実力を上げるために。

自分はミニバスから高校までバスケをしていて、今も社会人バスケをやっています。実際に試合でも調子が良い日、悪い日はどうしてもあります。その調子が悪い中でプレーしていくか。シュートの調子が悪いなら、ディフェンスを頑張って、速攻が出せるように誰よりも早く走ることを意識する。

ブログであれば、調子が悪くても、記事を書く。

ヒビノさんの記事を読んで、バスケに似てるなと気付き、自分の中にスッと落ちてきました。

どういった状況であれ、自分のできることをやる。

それをやることによって、自分の最低ラインが上がる。

そうすると、自然と自分のパフォーマンスが上がってきます。

最近もまた、環境のせいにして行動していなかったところがあったので、まずは自分の出来ることからやっていきます。

The following two tabs change content below.

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsords Link