読み手に情景を浮かばせるような文章力を身に付けるためには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、阿部です。

普段は「大牟田ひとめぐり」というローカルメディアを運営しています。

その中でインタビュー記事を書くことが多いのですが、最近書き方を変えてみました。

http://www.omuta-hitomeguri.jp/irie

前までは、取材対象の方から頂いた声を主に載せるような記事でした。

でも、最近は自分が取材対象者を紹介するような記事の書き方に変えています。

求められる文章力

これまでは、話してくださったことをいかにまとめるかが重要でした。

しかし、自分の言葉で紹介していく記事の書き方だと自分の文章力が求められます。

でもそこで疑問が湧いてきました。

文章力って何だろう?

読み手に情景を浮かばせる

大牟田ひとめぐりには、文章力のあるライターの幸森さん(@OMUTAVOGUE)に関わって頂いています。

幸森さんの記事を読んでみると、

読み手に情景を浮かばせることが上手

なんですね。

自分の中での、文章力は「読み手に情景を浮かばせるような文章」になりました。

物語を読む

では、その文章力を身に付けるためにはどうしたらいいのでしょう。

答えは幸森さんの経験に中にありました。

「小さい頃に物語をたくさん読んでたからかな。

文章読みながら、頭の中でその光景を描くのが好きやった。」

と言われていました。

なので、まずは物語を読むことから始めていきたいと思います。

幸森さんからオススメされた本から読んでいきます。

最後に

本のタイトルにもある通り、10分で読めるので朝のルーティーンに加えたいと思います。

最近の朝のルーティーン

・起きてすぐ歯磨く

・ラジオ体操

・珈琲飲む

・本読む←New

次回予告「新社会人のみんな筋トレをしよう!会社に潰されるな、バーベルに潰されろ!」

The following two tabs change content below.

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsords Link