GADOROはフリースタイルだけじゃなく、アルバムも最高

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KING OF KINGS 2017で優勝し、見事連覇を果たしたGADARO(ガドロ)。

今や日本のヒップホップシーンのど真ん中を突っ走っています!

フリースタイルが注目されていますが、楽曲制作にも力を入れており、2017年11月にセカンドアルバム「花水木」を発売。

今回はフリースタイルはもちろん、楽曲もイケてるGADOROについてご紹介します!

スポンサーリンク
Sponsords Link

これまでに2枚のアルバムを発売

今回の記事ではアルバムの楽曲メインでご紹介しますので、GADOROのフリースタイルの戦績や魅力については、他のブログなどを見てください。

これまでに2枚のアルバムを発売しています。

ファーストアルバム「四畳半」を2017年1月、セカンドアルバム「花水木」を2017年11月にリリースしています。

2nd ALBUM 「花水木」

セカンドアルバムでは、周りの人への感謝やこれまでの自分の過ちを表現しています。

これまでハングリーなスタンスでやってきたGADOROですが、キングオブキングスで優勝以来、一つ上のレベルへ。

バトルでハングリーな自分を出したり、知名度を上げてきました。

最近ではライブやレコーディングなどのアーティストとしての活動が増えています。

SUMMER BOMB出演をきっかけに、より多くの人へ自分のやりたい音楽を伝えていきたいとWREPに出演した際に話していました。

アルバムの中から、MVが公開されいる曲を中心にピックアップします!

カタツムリ

ばあちゃんっ子だったGADOROが、ばあちゃんへ向けて制作した曲。

GADOROの誕生日だった2011年11月29日におばあちゃんが亡くなっています。

ラッパーはばあちゃんっ子も多く、ZeebraやLL COOL Jなんかもばあちゃんっ子です。

KUSONEET DREAMS

同じみZeebraのStreet Dreamsからサンプリングした「KUSONEET DREAMS」

トラックは、KING OF KINGS 2016で優勝した時のビートだったdj hondaさんを迎えています。

人生が変わった瞬間だったKING OF KINGSのビートを使うなんて、カッコいい!!

歌詞も、ストリートドリームスの「不可能を可能にした日本人」をサンプリングし、「可能を不可能にした日本人」と合わせています。

真っ黒い太陽 feat.輪入道

MVは公開されていませんが、フリースタイルダンジョンでも歌ったこの曲。

輪入道とGADOROは、スタイルは違いますが、熱い二人でベクトルが似ている気がします。ストイックだけどクズ。そんな二人の一曲。

フリースタイルでは見れない、韻のキャッチボールが聴いていて気持ちいいです。

他にも、同じ宮崎出身であるPMXとの曲など盛りだくさんなアルバムです!

1st ALBUM「四畳半」

ファーストアルバム「四畳半」では、バトルの熱いスタイルとはまた違ったGADOROが表現されています。

完璧じゃない自分をさらけ出してるかっこよさを感じます。

GADORO本人も語っていましたが、バトルとのギャップを見せるために韻はあまり踏んでいません。

逆にセカンドアルバムでは、自分のスタイルを確立できたので、韻が固いです。

クズ

スマッシュヒットを記録している「クズ」

この曲に関しては、もはや説明不要。

心に突き刺さる歌詞です。

死ぬ前に掴むのは胸ぐらじゃなくて、このマイク。

でもなく誰かの手の掌。

チャンピオンとして

KING OF KINGSで二連覇を果たし、チャンピオンとなったGADORO。

ブレイクした昨年から、より飛躍の年となりそうです!

合わせて読みたい→KING OF KINGS 2017結果速報!優勝はGADORO!

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする