地元のために!地域活性化×web×高校生 ひばりヶ丘高校うどん部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひばりヶ丘高校うどん部

私たち、今日から(勝手に)吉田のうどん観光大使に就任いたします。

思わず真似したくなる地域の活性化の事例を今更ながら見つけました。

活動内容は?

ソウルフードを全国区に

ひばりが丘高校は、数年前から「吉田のうどん」に関する情報発信に力を入れています。過去に製作したホームページ「うどんなび」は、現在も更新を続け、アクセス数も年間20,000以上となっています。しかも、ホームページによる情報発信だけでなくtwitterなどのSNSを用いた広報活動も継続しています。

これいいっすよねー!

高校のときから実際に商売の勉強になるし、ホームページだけじゃなくて、フリーペーパーだったり商品開発とかもやってます。もちろん、ホームページの中身も読んでておもしろいです。うどん屋さんの一日だったり、オススメの食べ方なんかも。

特に自分が良いと思ったのは各店舗のホームページまで作ってるところですね。

玉喜亭

こんな感じのホームページをそれぞれの店舗の分しっかり作ってます。

これはかなり真似したいなー。今だとJimdoWixで無料でホームページ作れるんで、自分が地元の商店街の店のホームページをひたすら作りまくるとかやりたいっすねー。

なかなかどローカルな情報てネットじゃ出てこないんで、サイト作成と簡単なSEO対策とかさえやっとけば十分。

そこの中でwebでやる気のある方にはアドバイスをしていくみたいな感じで地元のIT化を促進させていきたいなー。

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀県唐津市生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook

Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsords Link