KING OF KINGS 2017結果速報!優勝はGADORO!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キングオブキングス2017が2018年1月12日に開催!

今年は、昨年優勝したGADOROが優勝し二連覇を達成!

キングオブキングス2017の戦績や個人的な名勝負を振り返ります!

スポンサーリンク
Sponsords Link

戦績

ROUND1:屈指の好カードとなった NAIKA MC vs GADORO

ふぁんく vs PONY

ふぁんくが勝利。

SIMON JAP vs FEIDA-WAN

SIMON JAPが勝利。

Dragon One vs BASE

BASEが勝利。

難しいビートに独特のフロウで上手くのせたBASEが勝利しました。

GADORO VS NAIKA MC

GADOROが勝利。

一回戦から実力派同士の対決。

GADOROが自分の曲の「クズ」から引用した「バックスクリーンに放り込む」に対して、NAIKA MCが「お前はネクストバッターだ」とパンチラインで応酬。

見応えのある試合でした。

T-TANGG vs スナフキン

スナフキンが勝利。

黄猿 vs mu-ton

黄猿が勝利。

バトルでmu-tonが黄猿さんと呼んでいたことに対して、「さん付けするなよ、殺し合いなんだぞ」と言った黄猿のアンサーに、mu-tonが「何回呼んでも黄猿さんです。俺より年上以外で上のものありますか?」とのパンチライン。

個人的にはmu-tonをまだみたかった。

句潤 vs CIMA

句潤が勝利。

MOL53 vs 喰吐

MOL53が勝利。

ROUND2

 ふぁんく vs SIMON JAP

SIMON JAPが勝利。

GADORO vs BASE

GADOROが勝利。

黄猿 vs スナフキン

スナフキンが勝利。

MOL53 vs 句潤

MOL53が勝利。

SEMI FINAL

SIMON JAP VS GADORO

GADOROが勝利。

MOL53 VS スナフキン

MOL53が勝利。

FINAL:GADORO vs MOL53の宮崎同郷対決

GADORO VS MOL53

GADOROが優勝。

同じ宮崎出身の対決となった決勝。

3回のドローを経て、GADOROが勝利!

熱いバトルスタイルで挑むGADOROとクールに対応するMOL53の対照的なバトルでした。

優勝した瞬間、GADOROが感情を爆発させていました。

コメントでは、新しいアルバムについても話していました。

注目ラッパー

個人的には、BASET-TANGG

BASEは難しいビートにも上手くのせてたし、GADOROとのバトルも個人的にはまだ見たいと思える内容でした。

T-TANGGも熱いバトル姿勢でスナフキンに挑み、スナフキンに上手くかわされた印象で負けましたが、内容的には十分。

最近フリースタイルのバトルを見てなかったので、新たに注目の二人でした。

これからのキングオブキングス

大会前にジブさん以外の審査員で話していた模様がabemaTVで放送されていました。

その中で漢さんが、これからはUMBの優勝者もKOKに入れていきたいと話していたので、より楽しみです。

来年のキングオブキングスが楽しみ!

合わせて読みたい→GADOROはフリースタイルだけじゃなく、アルバムも最高

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする