ヒメボタルの撮影@阿蘇。ホタルの撮影方法や現像方法も合わせてご紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風景を撮り始めるようになった阿部です。

先日阿蘇に撮影に行ったヒメボタル。

ヒメボタルがいい感じに飛んでくれたので、満足できる写真が撮れました。

今回自分はカメラマンの先輩と撮影しに行ったので、ホタルの撮影からフォトショでの現像など教えてもらえました。

なので、今回は

・ホタルの撮影方法がわからない

・ホタルを撮影した後どう現像したらいいのか

と、悩んでいた過去の自分に向けて書いていきます。

ホタルの撮影方法

今回の撮影で使ったカメラ機材。

・キャノン60D

・広角レンズ

・三脚

カメラ設定

AF:マニュアル

ISO:6400

シャッタースピード:30秒

絞り値:4.0

撮影時間

ホタルの見れる時間は夕暮れから22時くらいまでになります。

暗くなる前に構図を決めておくことが大切になります。(19時ごろまでに)

いざ撮影し終わって現像するときに、構図が微妙な場合があります。(経験済み)

現像作業

ホタルの写真は一枚ではありません。

今回の写真も6枚ほどの写真を重ねています。

参考にした記事はこちら

初めてでも出来たホタル写真の合成!Photoshop CC 2015によるコンポジット作業

まとめ

ホタルは綺麗で見ていて神秘的。

さらに、限られて季節でしか見ることが出来ないので、季節感を味わうことができます。

撮影している自分が言うのもなんですけど、実際に見た方が感動します。笑

ぜひとも、自分のカメラで撮影してみてくださーい!!

自分が使っているカメラの最新機種

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀県唐津市生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook

Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsords Link