【更新型】NBA 2017-18シーズン中の移籍・トレード情報まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NBAはオフシーズンだけでなく、シーズン中も活発に移籍・トレードが行われます。

この記事では、2017-18シーズン中に行われた移籍・トレード情報を更新していきます!

スポンサーリンク
Sponsords Link

移籍・トレード一覧

2017-18シーズン中に行われた移籍・トレード情報をまとめて随時更新していきます。

ペリカンズがジョシュ・スミスと契約するも解雇

スミスは、10月28日にペリカンズと契約し3試合に出場するも11月10日に解雇されました。

エリック・ブレッドソーがバックスへ

11月7日にミルウォーキー・バックスとフェニックス・サンズでトレードが成立。

バックス←エリック・ブレッドソー

サンズ←グレッグ・モンロー、将来のドラフト1巡目指名権、2018年の2巡目指名権(共に保護条件付き)

以前からトレードの噂があったモンローとブレッドソーのトレード。

ブレッドソーがサンズが大敗後にツイッターで「ここにいたくない」とツイートしたことから、サンズのGMが激怒し今回のトレードが実現しました。

以前からトレードの噂があった両名でしたので、そこまでのサプライズではありませんでした。

ブレッドソーは移籍してすぐにスターターとして試合に出場し、エースのアデトクンポと息のあったプレーを披露。

サンズは、チャンドラーなどビッグマンが数名いるので、モンローのトレードをまだ模索するとのこと。

ジャミア・ネルソンがペリカンズと契約

10月22日に、ニューオリンズ・ペリカンズは、ジャミア・ネルソンと契約しました。

ナゲッツがジェファーソンを獲得するために、ネルソンを解雇し、ロンドの欠場により、PGを探していたペリカンズが契約しました。

まだまだ動けるガードなので、ホリデーのバックアップとして期待。

サンズ、アール・ワトソンHC解任

10月22日に、フェニックスサンズが、ヘッドコーチを務めていたアール・ワトソンを解任しました。

シーズン開幕して、わずか3試合での解任。その3試合で大敗していたので、仕方ないと言えば仕方ないですが、厳しい世界ですね。。。

リチャード・ジェファーソンがナゲッツと契約

10月19日に、デンバーナゲッツがリチャード・ジェファーソンと契約しました。

併せてジャミア・ネルソンの解雇も発表。

ベテランの獲得を目指していたナゲッツが、キャブスからホークスへトレードされ、解雇されたジェファーソンを獲得。

若いチームでのリーダーシップが期待されます。

契約情報

2017-18シーズン中のチームとの契約延長情報です。

76ersがロバート・コビントンと延長契約

フィラデルフィア・76ersが、ロバート・コビントンと4年6200万ドル(約70億円)で延長契約に合意しました。

コビントンは26歳で、今シーズンスリーポイントの確率がリーグNo. 1の時期もあり、チームの躍進を支えています。

年俸が上がっている中、コビントンとこの金額で契約できたのはお得な気がします。

76ersとジュエル・エンビードがMAX契約

フィラデルフィア・76ersとジュエル・エンビードが5年1億4650万ドル(約164億5600万円)のマックス契約に合意。

シクサーズの主力で未来を期待されるエンビードがマックス契約!

正直、この契約は賛否両論あります。2年全休して、昨シーズンデビューするも31試合の出場に留まっています。

健康であればオールスター間違いなしのパフォーマンスを発揮しますが、怪我のリスクがつきまといます。。。

契約には特別条項があり、解雇などもありえるそうです。

エンビードには、シモンズと共にシクサーズを支えていって欲しいです!

怪我情報

2017-18シーズン中に怪我をし、今シーズンの復帰が難しい選手に情報をまとめています。

ディアンジェロ・ラッセル

左ひざを手術し、復帰時期は未定。

11月11日に行われたジャズ戦で負傷。

ネッツは期待されたリンとラッセルの両ガードが負傷。。。

二人がいればプレーオフ争いもできたんじゃないかと期待できただけに残念。。。

ミロシュ・テオドシッチ

テオドシッチは、左足底筋膜炎により無期限の離脱。

クリッパーズは開幕から好調でしたが、テオドシッチの離脱により、チームの勢いが無くなっていきました。。。

プレシーズンで活躍していただけに、残念です。

ジェレミー・リン

ブルックリンネッツのジェレミー・リンが右ひざ蓋腱断裂。今季残り試合欠場とのこと。

試合を見てましたが、悲痛な表情で「I’m done,I’m done(終わった、終わった)」と言っており、衝撃的な映像でした。

しっかり治して、リンサイティの再現に期待です。

ゴードンヘイワード

ボストンセルティックスのゴードン・ヘイワードが開幕戦のキャブス戦わずか5分で負傷退場。

左足首の脱臼、脛骨を骨折。アリウープにいったところに空中で選手とぶつかり、着地に失敗。衝撃的な映像でした。

マックス契約を結んだばかりで、躍進が期待されたセルティックスだっただけに残念。

来シーズンの復活に期待です。

引退情報

ウォーリアーズやスパーズで活躍したデビッド・リーが引退を発表。

昨年スパーズで活躍しており、プレーオフは怪我で戦線離脱。そのままプレーすることなく引退することになりました。

昨年のプレーを見ているとまだまだやれると思っていたので、ショックですね。

これからは、婚約者であるプロテニス選手キャロライン・ウォズニアッキを支えていくのかな?

お疲れ様でした。

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀県唐津市生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook

Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする