100人以上のポートレート撮影してわかった、カメラマンが大切にしたいこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、ポートレート撮影が大好きな阿部です!

この記事を見ている方はおそらくポートレート撮影に興味があって読んでくれているのだと思います。

この記事では、今までぼくが100人以上のポートレート撮影をしてきた中で、「良い写真を撮る」ための大切なことをまとめました!

ぼくはポートレート撮影に初めて挑戦した時、ただなんとなくでしか撮っていませんでした。

でも今では、作品展に出展したり、撮影した方がプロフィール写真として使ってくれるなど魅力的な写真が撮れるようになりました。

この記事では経験から学んだポートレート撮影で大切なことをお伝えします!

スポンサーリンク
Sponsords Link

ポートレートとは?

人物を写した肖像画または写真。

特にその写真のメインとなる物体が人物であるもの。風景を描写したものも含まれる。-はてなキーワードより引用

ポートレートというと人物を撮影することを想像する人が多いと思います。

ポートレート撮影では人物をメインで撮影しますが、風景などの背景も含めて撮影することになります。

ポートレート撮影はカメラマンのテーマ次第で変わってきますが、ぼくは被写体のイキイキとした希望が伝わってくる写真を撮ります。

▼ポートレート写真

ポートレート撮影で大切なこと

ポートレート撮影で魅力的な写真を撮るために大切なことは、

被写体に興味を持つこと

です!

「え?そんなん当たり前やん」

と思われたかも知れませんが、これが最も重要なんです!

自然体な表情のピークを捉える

相手(被写体)に対して興味を持つと、相手の方を知りたくなりますよね?

相手のことを知ろうと質問をすることで、撮影をしながら会話が生まれます。

会話によって自然な表情を引き出すことができます。

上手いカメラマンは、自然な会話をしながら撮影をしています。

自然体である被写体の表情のピークを捉えましょう。

ぼくがこれまで撮影した一部の写真をご紹介します。

みなさん良い表情で撮らせていただきました。

逆光で柔らかく

逆光を利用することで柔らかい雰囲気で撮影することができます。

▼マタニティフォト

光をうまく使うことで印象的な写真になります。

ポートレート撮影は楽しい

ポートレート撮影は楽しいです。

撮ってる時も楽しいし、撮った写真を見せると被写体の方が喜んでくれるのがより嬉しさを倍増させてくれます。

▼地元の友達を撮影

その瞬間、

「カメラやっててよかったな〜」

とおもいます。

うまく撮れた写真は、現像してプレゼントするととっても喜んでもらえますよ。

デジタルな時代だからこそ、現像して手元に置いておきたいですよね。

ポートレート撮影に必要な機材

ぶっちゃけカメラなんてなんでも良いんです。

ぼくが好きな写真家ハービー・山口さんがこう語っています。

良いカメラとは自分に勇気を与えてくれるカメラだ。良いカメラに出会うことは素晴らしいことだ。

だが、それ以上に大切で素敵なことがある。それは、心からこれこそ撮りたいと思う被写体に巡り合うことだ。

写真家になる日とは、カメラを買った日ではなく、撮りたいと思う被写体に出会った日なのだと確信している。

ハービー・山口 / 雲の上はいつも青空

ハービー・山口さんが「雲の上はいつも青空」の本の中で語っています。

ぼくも姪っ子が生まれてから、このことを痛感しています。

ぼくが一眼レフでいくら頑張って撮っても、ママのスマホで撮る写真には勝てないんです。

だって、その子に対する愛情が違うんですもん。

何で撮るかじゃなく、何を撮るかが大切です。

自分が撮りたいと思うものを撮りましょう。

ポートレート撮影のまとめ

もう一度言いますが、ポートレート撮影で大切なことは

被写体に興味を持つこと

です。

野球の野村監督も言ってますよね、「技術を磨く前に人間を磨け」と。

ポートレート撮影をされている方が、もっと上手く撮れるようになって、よりカメラライフを楽しんで欲しいと思ってこの記事を書きました。

写真は、撮った人も撮られる人も笑顔になる素敵な趣味です。

この記事を読んだあなたがポートレート撮影を楽しんでもらえたら嬉しいです!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

この記事を読んでポートレート撮影始めようと思った方は、ぜひご連絡いただけると幸いです。

また、ぼくに撮影して欲しいと思った方はお気軽にご連絡ください。

ぼくが使っているカメラの最新機種はこちら

合わせて読みたい→カメラ・写真を趣味にすると、家族を撮るのが楽しい。

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする