メディア運営における過去記事活用法。内部リンクやランディングページ、カテゴリー分けなど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大牟田ひとめぐりを運営して約2年。

記事数も600近くまでになってきています。

心境的には、B’zの名曲「RUN」の感じですね。

よくまあ、ここまで俺たち来たもんだなと

少し笑いながらお前タバコふかしてる

今一人でこのブログの記事を書いてるので、タバコふかしながら笑ってる人はいませんけど。

どうしてもサイト運営は日々の記事の更新がメインになってきますが、せっかく今まで多くの記事を書いてきたので、過去記事をもっと活かしていきたいと考えてます。

今日はその辺りでやりたいことを書きます。

過去記事の推敲と内部リンク

そんな時に見つけた興味深いツイート。

内部リンクもちゃんと出来てないし、過去記事の追記もあまり出来ていないのが現状。。。

この記事の内部リンクの貼り方は参考になります。

サラリーマンが副業で稼ぐコツと、注意すべきこと。損をしないための副業の知識を紹介

内容の薄い記事は消した方がいいともよく聞きますが、過去のニュースやイベント記事も消したくはないもんな〜といったところ。

検索に強い記事により読んでほしい記事の内部リンクを貼っていきたい。

過去記事の整理を進めてやっていきたい。

最初に訪れた時に見て欲しいページを作る

サイトを始めた頃はfacebook経由のアクセスがほとんどでしたが、今は検索からのアクセスが半分以上になっています。

なので、検索で流入された方が最初に見て、うちのサイトがどういった記事があるのかを知ってもらうランディングページを作りたいと思ってます。

参考ページ

【はじめての方へ】ぜひ読んでほしい厳選記事はこれ!格安旅行予約のためのサイト、買ってよかったものまとめ、グルメ情報など

今はトップの記事はメインコンテンツである『ひとめぐり』でご紹介させていただいた方の記事を固定しています。

ランディングページと「about us」との区別が難しい気もするけどやってみよう。

カテゴリー分け

これも大切。

ロングテールSEOで検索アクセスを倍増させるための基礎知識と具体策

この記事でも書いてある通り、カテゴリーでミドルキーワード対策を行っていきたい。

具体的には、「大牟田 ランチ」「大牟田 イタリアン」などの食べ物のジャンル。

今はグルメ記事のカテゴリが「大牟田グルメ」しかなく、大牟田で食べたいものを探す時にジャンル分けがされていないから探しにくいとの声を頂きました。

なので、ジャンル分けできるものはやっていきたいです。

まとめ

今まで積み重ねてきた記事。

どの記事も一人でも多くの方に読んでもらいたいので、そのための対策を行っていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀県唐津市生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook

Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsords Link