NBA 2017-18 プレシーズン ホークスvsヒート「16-17の後半躍進したヒートの今シーズンは?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NBA 2017-18のプレシーズンは2日目。

今回は、ホークスvsヒートです。

 

We’re back!!!!!!!! #ATLvsMIA

Miami HEATさん(@miamiheat)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク
Sponsords Link

両チームの2017オフの補強は?

両チームのオフの補強を振り返ります。

ホークス2017オフの補強

ホークスはこれまで強豪でありながらも、プレーオフを勝ちきれないチームでした。

そんなチームを一新するために、再建の道を選んでいます。

エースであるミルサップを引き止めず、ハワードもトレードで放出。

60勝を上げた2年前のスタメンは誰もいません。

補強でいうと、スパーズのローテーションに入っていたデットモンを獲得した程度です。

ヒート2017オフの補強

ヒートは2016-17のサプライズチームの一つでした。

後半戦を30勝11敗で駆け抜け、プレーオフ争いをしました。

オフは主力メンバーを維持することに成功。

昨季と同じメンバーで今シーズンに挑むことができます。

試合の注目ポイント

昨シーズンのヒートの実力は本物だったのか、ということが気になりました。

ホークスのスタメン

  • シュローダー
  • ベイズモア
  • デッドモン
  • イリヤソバ
  • プリンス

ヒートのスタメン

  • ドラギッチ
  • ウェイターズ
  • ホワイトサイド
  • ジョンソン
  • マグルーダー

試合内容

ホークスは、シュローダー、ベイズモア、デッドモンを中心としたバスケット。

シュローダーが周りが見えているし、自分で切り込むタイミングもいい。

昨季はボールを持ちすぎていた印象があるけど、成長してる。

今季はステップアップのシーズンになりそう!

ルーキーのコリンズがいい動き

 

First preseason bucket for the rook! —– #TrueToAtlanta

Atlanta Hawksさん(@atlhawks)がシェアした投稿 –

対するヒート

ヒートは試合直後は噛み合っていません。

ホワイトサイドのポストアップがメインオプションで攻めます。

徐々にリズムをつかんできて、ジョンソンの1on1から良いパス展開、外からドラギッチ。

ベンチからウィンズローが出てきて、早速良いタッチでショットを決めます。

ドラギッチのパスも冴えてきて、ヒートペースに。

さらにベンチからオリニクも出てきます。

しかし、ホークスを止めることができず、まさかの25-19でホークスリードで1クォーターを終えます。

 

🐲

Miami HEATさん(@miamiheat)がシェアした投稿 –

試合結果

90-96でヒートが勝利。

思ったよりホークスも楽しみなチームなので、どちらのチームも楽しみ!

イーストのプレーオフ争いが楽しみです。

合わせて読みたい→NBA 2017-18 プレシーズン レイカーズvsウルブス「注目のルーキー ロンゾボールが登場」

熊本と福岡の県境の大牟田市に住んでいて、震災を乗り越えた熊本VOLTERSを応援してます。

【熊本VOLTERS(ヴォルターズ)公式グッズ!】

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀県唐津市生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook

Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする