京都・洛匠(らくしょう)の「わらび餅」はとろとろの向こう側が味わえる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水寺、ねねの道辺りで人力車のお兄さんに教えてもらったスイーツスポット「洛匠(らくしょう)」

「洛匠のわらび餅はとろとろの向こう側ですよ」

そんなに言われたら、行かないわけにはいきません。

とろとろの向こう側を味わいたい方はぜひ。

スポンサーリンク
Sponsords Link

インスタ映えする店内

紅葉シーズンの祝日15時頃に伺うと、先に3組ほどいらっしゃいました。

待つ場所が素敵な中庭で、鯉が泳いでいました。

お座敷とテーブル席があり、テーブル席に通してもらいました。

窓から紅葉が綺麗に見えます。

店内の雰囲気と光の入り具合から、インスタ映えする写真が撮れますよ。

わらび餅がとろとろ。お土産でもどうぞ

わらび餅と抹茶のセット、ぜんざいを注文。

とろっとろぷるっぷる

教えてくれたお兄さんありがとう。

洛匠さんのわらび餅を食べると、他のわらび餅が食べれなくなるほど美味しいです。

清水寺やねねの道を見に来た方には絶対お勧めします。

口直しに佃煮がついてくるのが粋ですね。

紅葉シーズンも後半になると寒くなるので、ぜんざいで暖まります。

店舗はねねの道にあります

店名:高台寺 洛匠

電話番号:075-561-6892

営業時間:9:30~18:00

不定休

住所:京都府京都市東山区高台寺北門前通下河原東入ル鷲尾町516

ホームページ:http://www.rakusyou.co.jp/

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする