地域活性化を仕事にすることについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域活性化を仕事にすることについて

地元カンパニーの児玉さんがきになるツイートをされていたので、まとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsords Link

地域活性化という仕事

どこの地方もそうだと思います。現実に自分が住んでる大牟田もそうです。

繋げたいという人多いですけど、その人自身に魅力がないと人を繋ぐことすらできません。

今自分は地域おこし協力隊なので、そういった仕事ができる立場にあります。

運営サイト:大牟田ひとめぐり

でも、最初から専業でこれをやるのは難しいかなと思います。

そうなんですよね!恥ずかしながら、昔の自分のことです。。。

あやふやなんですよね。理想は高いけどって感じですね。

じゃあ、どうしたらいいの?

考えた結果

1.今やってることをまず頑張る

2.自分が提供できることを探す

3.自分が夢中になれることを探す

という結論になりました。

自分に置き換えると

1.大牟田ひとめぐりの運営を頑張る。

たくさんの人にみてもらえるサイトにして、大牟田の会社の方から求人広告費を頂いて、大牟田にUターンしたい人と結ぶことができたら最高だなと思ってます。

あとは地域の方と接する機会が増えて来たので、皆さんが困っていることを解決する事業を作っていけたらと思います。

2.ウェブ周りのこと

地方だとウェブ周りのことができる人が少ないので、地域の方によりそったサービスを提供していきたいです。

大牟田ひとめぐりやってると、ウェブができる人と思っていただけてそういった話も頂けているので、ウェブ周りのことは自分が提供できる価値だと思っています。

なので、もっと勉強していきます。

3.興味あることをドンドンやっていく

地域で成功しているお店の方って、自分が好きなことをマニアックに突き詰めていって

他のお店がついてこれないレベルまでなっていて、ターゲットとなる人は狭いけど

そこにしかないお店なので商圏がめちゃくちゃ広くなって成功している方が多いです。

メガネは楽しい!メガネ屋を子どもたちが憧れる職業に。松永匡弘さん

松永さんはその良い例だと思います。

なので、ここの部分は仕事につながるかはわからないけど、自分が趣味や興味あることなんでも

いいんで、いろいろやっていってみるしかないです。

結局、自分が主体になって好きなことをやってると地域活性化につながると思います。

好きなことやっていきましょう!

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀県唐津市生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Facebook

Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする