【初心者ライターの仕事獲得】クライアントへの提案力を鍛えよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を獲得したいライター「クラウドソーシングで仕事を獲得したいけど、提案が全然通らない。どうやったらいいんだろう」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 提案力を身につけるために読みたい記事を紹介
  • 営業スキルはライターに必要不可欠

この記事を書いている僕は、Webライターとして生計を立てています。

「ライターとして稼ぐためには、ライティングスキルを高めないといけない!」

そう思っていませんか?

しかし、ライターとして稼ぐためには、ライティングスキルよりも提案力が重要です。

提案力を身につけることで、クライアントから仕事を受注することが可能です。

今回は、ライターとして提案力を身につけるための方法をご紹介します。

スポンサーリンク
Sponsords Link

提案力を身につけるために読みたい記事

提案力を身につけるために読みたい記事は、以下の3つです。

この3つを読んで、実際に提案を行うだけでライターの仕事を獲得できます。

今回の記事は、上記3つの記事を紹介したらほぼ終わりです。笑

それくらいわかりやすく、かつ実践しやすい内容になっています。

僕も実際に上記の記事に書かれている方法を実践して、独立5ヶ月目で月商100万円を達成することができました。

記事の共通点

3つの記事の共通点としては、提案する際にライティングの案件だけをみるのではなく、クライアントの目的や悩みについてもみているということです。

ライティングは、仕事の中でいうと下流の仕事になります。

売り上げを上げるための施策を考える

Webメディアを活用する

Webメディアのゴールを考え、メディアを作成する

記事作成のためにキーワードなどの内容を考える

実際に記事作成を行う←ライティングの仕事はここ

下流のライティングの仕事だけをみるのではなく、俯瞰的にクライアントのことを考えることが重要です。

提案力はライターに必要不可欠

提案力はライターにとって必要不可欠なスキルです

提案力がないと、案件を獲得することができずに稼ぐことができないからです。

多くのライターさんをみてきましたが、提案力のあるライターさんはすぐに伸びていき、仕事が溢れるようになります。

また、提案力を身につけることは営業スキルが身につくので、ライター以外としてもスキルアップすることができます。

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 提案力を身につけるために読んでほしい記事紹介
  • クライアントの目的や悩みを考える
  • 提案を重ねて、営業スキルを身につける

提案力を身につけることで、より上流の仕事に関わることができ、ライターとしての単価が上がります。

単価が上がることで外注できるようになるため、より大きな仕事に挑戦できるようになります。

提案力を身につけて、より良いライター生活を送りましょう。

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする