注目されている福岡「六本松」エリア。オススメ観光スポットを散策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市中央区にある「六本松」。

蔦屋書店や福岡市科学館が入っている商業施設「六本松421」がオープンし、注目を集めているエリアです。

さらに、路地裏のおしゃれな飲食店なども増えてきています。

そんな「六本松」エリアを散策してきました。

スポンサーリンク
Sponsords Link

散策スポット

レジャーやグルメ、カフェ、本屋など楽しいスポットがたくさんあります。

福岡市科学館

プラネタリウムや科学に関するアクティビティを楽しめる福岡市科学館。

プラネタリウムは人気なので、週末は確認していくのをオススメします。

基本展示室とプラネタリウム以外は無料で楽しめますよ。

福岡市科学館

山本のハンバーグでランチ

歩いてすぐの場所に、福岡初出店となる「山本のハンバーグ」さんがあります。

ハンバーグだけでなく、野菜もたっぷり楽しめますよ。

福岡初出店!「山本のハンバーグ 六本松店」ランチで行ってきました

蔦屋書店で本を買って、スタバで読む

広々しており、様々な書籍が置いてあります。

スタバがあり、さらには買った本をすぐ読むことができるスペースもあるのでゆっくり過ごすことができます。

六本松 蔦屋書店

名店で修行された「マツパン」

六本松は「六本松421」だけでなく、路地裏のショップも魅力です。

http://matsu-pan.com/

「マツパン」さんは、福岡の人気のパン屋「Pain Stock」で修行され、独立されています。

足元に気をつけて。

コーヒーマンで本格コーヒー

マツパンさんのパンは、すぐ裏の「COFFEE MAN」さんに持ち込みがOKになっています。

http://coffeeman.jp/

▼豆の販売や店内でコーヒーを飲むことができます

▼アイスコーヒー

コーヒーマンさんのコーヒーとマツパンさんのパンで、ゆっくり休憩。

写真のシナモンロールは、マツパンさんのパンですが、コーヒーマンさんにしかおろしていない商品。

コーヒーとの相性バッチリ。

楽しみなエリア

天神南と博多駅がつながれば、博多から一本でこれるようになり、アクセスが便利になります。

これからより楽しみなエリアになる「六本松」

六本松に行く際は、参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする