アートの力で街を変える「西成ウォールアートニッポン」を見てきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHINGO★西成さんが総合プロデューサーを務める『西成ウォールアートニッポン(Wall Art Nippon)』略称:西成WAN(ワン)

ウォールアートを撮影したくて、実際に大阪の西成地区に行ってきました。

独特の雰囲気の残る西成地区ですが、訪れてみて、これから街は変わっていくんだなと感じました。

スポンサーリンク
Sponsords Link

第一弾 いまみや小中一貫校東側

西成WANの第一弾目となった場所は、いまみや小中一貫校の東側にあります。

新今宮駅からすぐの場所。

第二弾 現在は取り壊しに

西成WANの場所は現在取り壊されています。

製作された時の様子がこちらのサイトに掲載されていました。

”西成WANプロジェクト”第二弾完成”

場所は、第一弾目となった場所の隣とのこと。

第三弾 「荻ノ茶屋駅」

西成WANの第三弾となった場所は、「荻ノ茶屋駅」の近くです。

グーグルマップで調べて出てくる場所なので、一番行きやすい!

アートもここが一番多いので、見所です。

第四弾 阪堺電車「今池駅」(ビジネスホテル和香裏)

第四弾となった場所は、阪堺電車「今池駅」の近くにあるビシネスホテル和香の裏です。

行きたいと思ったきっかけ

このプロジェクトを知ったきっかけは、プロジェクトの総合プロデューサーを務める「SHINGO★西成」さんでした。

2017年5月にリリースされたアルバム「ここから・・・いまから」

このアルバムに収録されてる、またアルバム名にもなっている「ここから・・・いまから」のPVは西成地区やウォールアートの前で撮影されています。

優しくも力強い歌詞にSHINGO★西成さんの歌声。

このPVを見て、このウォールアートを見たいと思いました。

ここからいまから変わっていく街

SHINGO★西成さんのルーツでもある「西成」

以前大阪に2年間ほど住んでいましたが、正直怖いイメージが強い街でした。

改めてじっくりとウォールアートを中心に街を撮影しながら回りました。

独特の雰囲気があり、カメラを向けることができない場所もありました。

ですが、若い方向けの新しいお店ができたり、ウォールアートをきっかけに西成地区を訪れて自分のような方がいたりと、街として少しずつ変わっていっている様子をうかがうことができました。

そして、SHINGO★西成さんの生まれ育った環境をじっくり見れたことを嬉しく思いました。

「ここから、いまから」

まさに今の西成地区にぴったりなワードだと感じます。

これからどのような街になっていくのか楽しみです。

https://www.facebook.com/nishinariwan/

The following two tabs change content below.
阿部 将英

阿部 将英

フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、27歳のときに独立しました。
阿部将英って?


プロフィール: 阿部将英って?

相談や質問はこちらから: お問い合わせ
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link
Sponsords Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする