手取り13万で3年働いたけど、割と楽しかった話。生活費などリアルな数字を暴露

シェアする

手取り13万で約3年ほど生活してた阿部です。

「手取り13万で生活するのってきつくない?」

と思うかもしれませんが、自分は割と楽しい生活を送ってました。

楽しい生活を送れた理由は、熱中できる仕事をしていたからだと思います。

手取り13万で3年間働いていましたが、仕事に熱中して得たスキルを活かして、その後月収100万を超えるフリーランスになれました(急にうさんくさい)

うさんくささMAXですが、実際に僕がどんな生活をしていて、どうやって稼げるようになったかを紹介していきたいと思います。

「手取り13万の仕事辛いなぁ…」

と悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

手取り13万(額面年収200万)の生活費の内訳は?一人暮らしできる?

僕が3年間手取り13万の生活していた時の職業は、地域おこし協力隊でした。

年間の給料が200万と固定されており、月収は額面で16万6千円。

その額面収入から保険や年金、住民税などが引かれて手取りは13万円に。

生活費の内訳は、ざっくり以下のような感じでした。

  • 車の保険代・ガソリン代1万5千円
  • 食費3万
  • 光熱費1万5千円(電気5千円、ガス7千円、水道3千円)
  • 雑費5千円(日用品)
  • 交際費2万円
  • 取材費1万円
  • スマホ、インターネット代1万円
  • 娯楽費3万円

家賃補助があり、家賃を支払う必要がなかったのが大きかった!

なので、相場の家賃4万円分浮いた形なので、手取り18万くらいの生活感でしょうか。

とはいえ、貯金も全然してなかったし、ご飯も1玉30円のうどんと米みたいな食生活をしていました。

なんとか一人暮らしやっていた状況です。

また、当時やっていたWebサイトの取材費は出なかったので、取材先の食費や交通費は自腹。

ちょうど友達の結婚式が増えてきていた時期だったので、ご祝儀貧乏で辛かったです…。

ご祝儀貧乏の乗り越え方については、「ご祝儀貧乏が辛い…。結婚式までにお金を貯める3つの方法を紹介」で紹介しています。

と、まあ生活面だけ見ると、なかなか厳しかった記憶がありますね。

熱中できる仕事だったから楽しかった

お金をメインとした生活面だとなかなか厳しい感じでした。

でも実際の生活は、そんなのが気にならないくらい熱中できる仕事をしていたので、めちゃめちゃ楽しかったです。

どんな仕事をしていたかというと、福岡県大牟田市を盛り上げるためのウェブサイト「大牟田ひとめぐり」を運営していました。

毎日いろんな人やお店を取材しに行って、取材内容を記事にし、SNSなどで公開。

サイトのページビューやSNSでのいいねが増えていくのは、ゲーム感覚で成長を感じれました。

街を歩いてると、実際の読者さんに会って「大牟田ひとめぐりいつも読んでます!」と嬉しい言葉をかけてもらったり、充実した生活をしていました。

なので、振り返ってみると

仕事が楽しい>>>お金がなくて辛い

でした。

何か熱中できるものがあるのはいいことですね。

経験を元に月収100万稼げるフリーランスに

Webサイト運用の仕事が楽しくてやり続けていたら、たくさんのスキルが身について、結果として多くの仕事を受注できるように。

スキルを元に受注した仕事の例

  • ブログを立ち上げる→サイト制作の仕事受注
  • SNSでページビューを増やす→Facebookの運用代行
  • 地域の人のインタビュー記事を書く→本のインタビュー記事執筆
  • ブログの記事で検索上位獲得→SEOの経験元にライティングの仕事獲得

これらは一部で他にも多くの仕事をいただけるようになり、結果として独立して5ヶ月で月に120万円稼げるフリーランスになれました。

月収推移

  • 1ヶ月目:15万
  • 2ヶ月目:30万
  • 3ヶ月目:30万
  • 4ヶ月目:50万
  • 5ヶ月目:120万

手取り13万時代に身につけたスキルを元に、営業や紹介で一気に月収が伸びていきました。

楽しめる仕事なら手取り13万でも良いと思う

結果論になっちゃいますけど、楽しんで取り組める仕事なら手取り13万でもOKだと個人的には思います。

仕事が楽しい>>>お金がなくて辛い

の状況だと、目の前の生活にも困らないし、楽しんでやっているとスキルも身につきやすいです。

さらに、スキルが身についていけば、何かのきっかけで一気にブレークできます(いろんな人を見てきた経験談ですが)

後で振り返ってみると、「いわゆる下積みの時期だったのかな」と思えるようになりますよ。

もし辛い仕事で手取り13万なら転職したほうがいい

でも、この記事を読んでいるあなたが「楽しい仕事じゃないし、ただただ辛い」と感じているならすぐにでも転職するのをおすすめします。

理由としては、手取り13万の仕事なんていくらでもあるからです。

わざわざしがみつくような給料の額でもないし、同程度の給料の仕事ならすぐに見つかります。

「ここ辞めて仕事見つかるかな」と不安に思っているかもしれませんが、大丈夫です!

実際に僕が住んでいる福岡の求人数をリクナビネクストで見てみましょう。

福岡市・北九州市以外でも、年収300万円以上の求人が763件

年収300万円だと、手取りは月20万円程度に。

手取り13万円より7万円近く増えますね。

手取り13万から手取り20万円になると

  • 貯金できる
  • 車を持つ
  • 旅行行ける
  • 気軽に外食できる

など、生活が変わります。

もし手取り13万円で仕事が辛いと感じているなら、転職サービスを活用して今すぐ転職しましょう。

より良い条件の転職先を探すなら

リクナビNEXTで求人があるかを見てみる

仕事を続ける、転職のどちらでも生活コストは落とした方がいい!おすすめな節約術を紹介

もし今の仕事が楽しいから続ける or 今すぐ転職するのどちらの場合でも、生活コストは落としておいたほうがいいです。

「そんなことわかってるけど、何からしたらいいかわからないんだよ」と感じたなら、以下の節約術は今すぐ実行するのがおすすめ

  • キャッシュレス
  • 格安SIM
  • 電力自由化
  • 保険解約

それぞれ見ていきましょう

QRコード決済やクレジットカードを活用しキャッシュレス生活

キャッシュレスは、QRコード決済サービスやクレジットカードを活用するだけで、日々の支払いがお得に。

年間で2〜3万円はお得になります。

理由としては、支払った金額に対してポイントがつくので、その分お得になります。

例えば、楽天カードはポイント還元率が1%なので、普段の支払いをカード払いに切り替えることで、支払った額の1%のポイントがつきます。

おそらく、年間で100万円以上は支払うと思うので、支払いを現金からカードに変えるだけで1万円お得に。

「カードだと使いすぎないか心配」と不安になるかと思いますが、そういう場合は固定費だけカードで支払うようにしましょう。

スマホ代、ネット代、光熱費、まとめて買う必要がある日用品(トイレットペーパーなど)。

娯楽費や洋服はカードで先払いにして高額なものを買ってしまう可能性があるので、そこだけ現金で管理するようにすれば、使いすぎる心配もありません。

いろいろ調べるとあなたにあったカードが出てくるので、比較検討してくださいね。

どれ選んだらいいかわからない人は、とりあえずポイント還元率と使いやすさから、楽天カードを作るのがおすすめです。

ここで大事なのは、現金払いよりもカード払いの方がメリットが多いので、面倒くさがらずにカードを使う習慣をつけることです。

そのまま現金で支払い続けるは、もったいないですよ!

格安SIMは絶対やろう

格安SIMはもっとインパクトが大きく、大手キャリアを使っている人は、年間で7〜8万円安くなることも。

大手キャリアを利用している人は、今すぐ格安SIMに乗り換えて通信費を節約しましょう。

格安SIMもあなたにあったものがあるので、いろいろ調べて比較検討してください。

もし選ぶのが面倒な人は、自分も使っているLINE モバイルを使ってください。

LINEモバイルの料金プラン一覧はこちら

3年くらい使ってますが、特に使いづらさとかを感じずに使っています。

格安SIMもですが、面倒だからと言ってそのままキャリアを使うのが一番もったいないこです。

一回やっとくと後は何もせずに固定費が安くなるので、頑張って変更しましょう。

電力会社変更で1ヶ月分は電気代安くなる

電力自由化というワードを聞かれたことがあるかと思いますが、電力会社を変更することで、月々の電気代が安くなります!

こちらもまたいろいろな種類の会社があるので、比較検討して欲しいです!

自分は九州電力からエルピオ電気に変更して、1ヶ月分の料金が安くなりました。

エルピオ電気

これは電気料金が比較的安い時期で見積もりを出したので、ピーク時(真夏、真冬)だとより安くなります!

こちらも探すのが面倒な人は、エルピオ電気がおすすめです。

エルピオ電気は広告にお金をかけてないので、とにかく料金が安いです。

超格安電力サービス【エルピオでんき】

保険は必要ない可能性高い!

多くの方が加入されている生命保険・がん保険・医療保険は、基本的には必要ないと思ってます。

理由としては、

  • 高額療養制度を利用すれば高額な料金を支払わずに済む
  • がんにかかる確率を考えると必要ない
  • 保険代を削って貯金して備えたほうがいい

からです。

ここについては、他のメディアになりますが、サバイブさんの「生命保険はいらない!?今すぐ民間の保険を解約したくなる3つの理由」を読んでいただけたらご理解いただけるとかと思います。

手取り13万の時によく聞かれる質問

よく聞かれる質問としては、

  • 結婚・子育てできる?
  • 貯金額は?
  • 車は持てる?
  • 家賃はいくらが適正?

が挙げられます。

それぞれの質問に答えていきますね!

手取り13万で結婚・子育てできる?

結論から言うと、相手次第です。

一般的には、収入が低いと結婚・子育ては厳しいと思われているかと思いますが、自分が手取り13万の時でも婚約してましたし(後で婚約破棄したけど)、結婚したいと言ってくれる彼女もいました(今はその人と結婚)。

基本的には、共働きで頑張ることにはなりますが、理解してくれる方であれば結婚・子育ては可能だと思います。

貯金額はいくらだった?

正直、全くしてなかったですね。。

完全なる言い訳ですが、結婚式ブームで年間ご祝儀で30万以上は消えていましたし、あっても貯金は数十万円くらいだったと思います。

手取り13万で貯金したいなら、先ほど紹介した節約術をしつつ、転職するのが一番いいかと思います。

車は持てる?

車は持てます!

というか、田舎に住んでいたので、車がないと生活できない環境でした。

とはいえ、毎月の保険代・ガソリン代、毎年の自動車税、2年に一回の車検代となかなかな出費となる車。

手取り13万だと無理して買わないほうがいいかと思います。

もし貯金がないけど車を購入する必要がある方は、「田舎に引っ越す人は知っておくべき、軽自動車より普通車の方が安い」を参考にしてください。軽自動車よりも年式落ちた普通自動車のほうが安く買えます。

家賃はいくらが適正?

家賃は、安ければ安いほどいいですが、4万円以内には抑えるのがいいかと思います。

4万円であれば、収入の30%以内に抑えられるので、毎月の生活もなんとかやりくりしていけるかと思います。

こればっかりは人それぞれですが、固定費は上げないほうがいいですよ…。

今の仕事に熱中できているかが重要

今回の記事では、手取り13万で3年生活していた僕の実体験を紹介しました。

今回の記事を読んでいるあなたが、

「手取り13万だけど、仕事は楽しい。でも周りの目が気になる」

と考えているなら、周りの目は気にする必要はありません。

今のあなたは、いわゆる下積み期間なので、今熱中している仕事のスキルを活かして近い将来一気にブレイクすると思います。

もし「手取り13万の仕事辛い…」と思っているなら、すぐに転職活動をはじめて今より良い職場を見つけることに時間を使うのがおすすめです。

手取り13万を得るために、仕事で辛い思いをする必要はありません。

ゆるく働いている事務職の友人でも、年収300万稼いでいたりします。

転職すれば全てがうまくいくわけではないですが、今置かれている状況を好転させることは可能です。

まずは自分が希望する仕事があるか転職サイトで探してみることから始めてみてください。

より良い条件の転職先を探すなら

リクナビNEXTで求人があるかを見てみる

Twitter

Instagram
Instagram

シェアする

フォローする