マックをダイエット中に食べると太る?我慢できないときの対処法を伝授

シェアする

マック ダイエット

どうも、ダイエット減量中に我慢できずにマックを食べた阿部です!

「痩せるため」とは言いつつ、ダイエット中の食事制限はストレスが溜まる。

「チーズケーキ食べたい」「ラーメン食べたい」「マック食べたい」と食べ物の欲がとめどなく溢れ出てきます。

じゃあ、ダイエット中は食べたいものを絶対に我慢しないといけないのか?

個人的には、ダイエットは短期集中ではなく長期的に考えるものだと思うので、食べるのはありかと。

結論から言ってしまうと、1日の消費カロリー内に収めれれば、マックを食べても大丈夫だと思ってます。

とはいえ、マクドナルドはカロリーが高いです。。。

なので、今回の記事では、極力注意してほしいポイントやマックを食べた場合の1日の他の食事例などを解説していきます!

うまく食欲と付き合っていって、ダイエットを継続していきましょう。

1日の消費カロリー内であればマクドナルドを食べても大丈夫

基本的に体重が増えてしまうのは、

摂取カロリー>>消費カロリー

になってしまうから。

なので、極論

消費カロリー>>摂取カロリー

であれば太りません。

消費カロリーと基礎代謝がよくごっちゃにされがちなのですが、

  • 基礎代謝:何もしなくても消費されるカロリー(生命維持に必要なやつ)
  • 消費カロリー:基礎代謝と合わせて、歩いたりする日常の生活で消費されるカロリーの合計

なので認識をお願いします!

自分自身の基礎代謝や消費カロリーは、それぞれググると簡易的なツールが出てくるので、それで計算してみて目安を把握してください。

例えば、165cm、59kg、25歳女性であれば、約2,000カロリーが消費カロリーになります。

てりやきマックバーガーセット(てりやき、ポテトM、コーラM)だと総カロリーが1,028カロリーに。

内訳:てりやきバーガー498カロリー,ポテトM410,コーラM140)

1日の消費カロリー2,000-てりやきセット1,028=972カロリー

なので、もしてりやきマックバーガーセットを食べたとしても、残りの食事を972カロリーに抑えれば極論太りません。

ここまでのポイント

自分自身の基礎代謝と消費カロリーの目安を把握しておく

消費カロリー内に摂取カロリーを抑える

ダイエット中はカロリーを制限しても基礎代謝まで

消費カロリーと基礎代謝の話になったので、ダイエット中のカロリー制限についてもお話ししておきますね。

基本的にダイエット中はカロリー制限を行うのですが、あなたの基礎代謝以下まで落とすのは絶対にやめましょう!

基礎代謝以下のカロリー制限をしてしまうと、筋肉量が落ちて基礎代謝も落ち、結果として痩せにくい身体になってしまいます。

消費カロリー>>1日の摂取カロリー>>基礎代謝

以内になるように調整しましょう。

なので、165cm、59kg、25歳女性であれば基礎代謝が約1,300ほどなので、これより制限するのはやめてください。

ここでのポイント

カロリー制限は基礎代謝まで

マックを食べても太らないための注意点!マックポテトとジュースは避けて

マックを食べる時に太らないようにするための注意点は、マックポテトとジュースは避けることです。

ばかやろー!ポテトとジュースあってのマックだろうがぁ!

ていう人は、その分1日の他の食事を抑えればいいですが、一食で1,000カロリー超えて他の2食を300カロリーに抑えるのは現実的じゃないですよね。。。

ハンバーガーだけであれば、500カロリーくらいなので、 まだなんとかなります。

問題はポテトとジュース

ポテトはMでハンバーガーと同じかそれ以上のカロリーがある上に、炭水化物と脂肪がほとんどなので、栄養バランスもあまり良くありません。

ジュースもカロリーがあるので、基本的にダイエット中はジュースはやめたほうがいいです。お茶や0カロリーのジュースにしておきましょう。

ダイエット中のマックは昼に食べよう

「夜寝る前に食べると太る」と聞いたことがあるかもしれませんが、その通りです。

なので、1日の活動量が多い日中に食べるようにしましょう。

そうすることで、マックをダイエット中に食べても太りにくくなります。

ここまでのポイント

ポテトとジュースは避ける

日中に食べる

炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを考えるとプロテインを飲むのがおすすめ

じゃあ、マックを食べた場合、その日の他の食事はどうしたらいいのか?と疑問に思われると思います。

個人的には、プロテインを飲むのがおすすめです。

理由としては、マクドナルドを食べると、三大栄養素の炭水化物・タンパク質・脂質のバランスでいくと、タンパク質が不足しているからです。

さらに、タンパク質を食事から摂取しようとすると、炭水化物や脂質も合わせて摂取してしまい、オーバーカロリーになってしまいます。

その点、プロテインであればメインがタンパク質なので、余分なカロリーを摂取せずにタンパク質を摂取できます。

てりやきとポテトを例にして栄養素を見てみると、こんな感じ。

  • てりやきマックバーガー タンパク質15.5g、脂質 30.2g、炭水化物 36.4g
  • マックポテト(M) タンパク質5.3g、脂質 20.6g、炭水化物 51g

脂質と炭水化物がなかなか高い…!

マックを食べた日は、プロテインを飲みつつ、サラダなどでカロリーを抑えながら1日のトータルバランスを整えてあげるのがいいですね。

食べても大丈夫なマックメニューをカロリー別に紹介!

マックのメニューのカロリーとタンパク質、脂質、炭水化物をいかにまとめました。

  • エビフィレオ カロリー395 タンパク質 12.5g 脂質17.4g 炭水化物 47.7g
  • ソーセージエッグマフィン カロリー475 タンパク質 21.5g 脂質30.6g 炭水化物27.3g
  • チーズバーガー カロリー307 タンパク質15.8g 脂質13.4g 炭水化物30.8g
  • ビッグマック カロリー525 タンパク質26g 脂質28.3g 炭水化物41.8g
  • てりやきマックバーガー カロリー 478タンパク質15.5g、脂質 30.2g、炭水化物 36.4g
  • マックポテト(M) カロリー410 タンパク質5.3g、脂質 20.6g、炭水化物 51g
  • シャカチキ243 タンパク質14.8g 脂質12.8g 炭水化物17.2g
  • チキンマックナゲット 5ピース カロリー270 タンパク質15.8g 脂質17.2g 炭水化物13.1g
  • ハッシュポテト カロリー145 タンパク質1.3g 脂質9.7g 炭水化物13g
  • マックシェイク カロリー380 タンパク質8.1g 脂質3.9g 炭水化物78.2g
  • コーラ カロリー140 タンパク質0g 脂質0g 炭水化物35.1g

並べてみると、ビッグマックは三大栄養素のバランスが意外と良かったり、チーズバーガーが意外とローカロリーだったりと発見が多いです。

マックシェイクは飲み物なのにチーズバーガーより高カロリー…。組み合わせるとやばい。

まとめると、こんな感じ。

割と食べて大丈夫

  • チーズバーガー
  • チキンナゲット

危険

  • マックポテト
  • マックシェイク

マックに負けるな!ダイエット中のマックまとめ

今回の記事では、ダイエット中のマックの食べ方について紹介してきました。

改めてまとめると、以下のように。

  • 消費カロリー内に抑えればマックを食べても大丈夫
  • なるべく昼間に食べる
  • ポテトとジュースは避けて
  • マック食べた日は、プロテイン飲んだり、サラダ食べたりで調整する
  • 食べるなら、チーズバーガーやチキンナゲットを

マックも食べ方に気をつければ、ダイエット中もたまには食べるのもありです。

我慢し続けて、ダイエット後に食欲爆発させるのはよくないですから、ダイエットは長期戦と考えて、うまくマクドナルドと付き合っていきましょう!

Twitter

Instagram
Instagram

シェアする

フォローする